トップへ > そこが聞きたい!!経験者が語るQ&A集 > 国際結婚でありがちなトラブル30とその解決策 〜私と妻の場合〜

国際結婚でありがちなトラブル30とその解決策 〜私と妻の場合〜

国際結婚ではなくとも、日本人同士の場合でも結婚となると、やらなければならないことはたくさんあります。すんなり行くこともあれば、手続き等面倒なことがあったりとさまざまです。


それが国際結婚となれば、さらに複雑です。そして結婚前だけではわからなかったこと、結婚後に想定していなかったことなどはよくあること。


相手の国籍によりその出来事はさまざまですが、私と妻の場合、私は日本人、妻は台湾人、生活拠点は台湾というパターンにおいてあった出来事とその解決方法をご紹介します。


実録!台湾人妻との国際結婚


それでは、国際結婚で必要な手続きなどを早速紹介します。


1)名前

台湾や中国は夫婦別姓です。そして日本も台湾・中国も同じ漢字文化の国。よって普通に考えると日本の名前はそのまま通用すると思われがちです。


しかし、日本の名前、特に"姓"は台湾の戸籍に登録できない名前があるのです。

自分の"姓"で登録できるかどうかは下記のサイトが参考になります。


中華百家姓一覧


このサイトは『百家姓』 といって、中国や台湾で使える姓(苗字)の一覧が掲載されています。日本でいえば、人名用漢字のようなものです。


あなたの"姓"の最初の文字がこの『百家姓』の中にあれば、日本の名前のまま登録することができます。例えば、「林」さんや「林田」さんなどは全く問題ありません。しかし「高橋」さんはOKでも「小高」さんはNGです。


なぜなら「高」は百家姓の中にあっても、「小」が百家姓の中にないからです。


戸籍登録する前には事前に自分の"姓"が登録できるかどうかを『百家姓』でチェックすることをオススメします。


できない場合は、通常は配偶者の苗字で登録するのが一般的ですが、『百家姓』の中から"姓"を自分で選ぶこともできますので、配偶者とよく相談して決めてください。


私の場合は、登録できない苗字でしたので妻の苗字で登録しました。


2)居留証

外国人が台湾で生活するためには欠かせないのが居留証ですが、居留理由を把握しておかないと、永住ビザを取得するまでに時間がかかったりするケースがあります。


どういうことかというと、まず、居留証が取得できる条件は、

1. 仕事で台湾に住む場合
2. 配偶者が台湾人の場合

と現在は大きく分けてこの2つになります。


永久ビザ取得までに時間がかかってしまうケースは次のような場合です。


仕事で来台し、3年経過。その年に台湾人と結婚し、そのまま台湾で仕事を継続。翌年、居留証の書き換えで滞在理由を婚姻と変更した場合


結婚して配偶者として居留証を申請する場合は、5年で永住ビザを取得できますが、仕事等で申請した場合は7年かかります。


台湾で仕事を始めて、その後台湾人と結婚し、台湾で生活する場合、居留証の更新時に配偶者として申請してしまうと、過去の仕事での居留年数はカウントされません


したがって、居留証更新の際は永住ビザの取得を考慮した申請をするようにしてください。


3)家庭での共通語

日本人女性が台湾に嫁いできても、家庭内の会話は妻の母国語に男性が合わせているケースが多いです。


となると、台湾で生活している我の場合、私が中国語を話すのかというと100%中国語ではなく、英語と中国語が半々くらいです。


私がまだ中国語が達者でない為なのですが、配偶者が日本語ができない場合、表現上のトラブルはよくあることです。


相手の国に住む場合は、その国の言語はできるだけ早く習得するようにしたほうが日々の生活も楽しくなります。


台湾で中国語を学ぶには、民間や大学の語学教室に通うのが一番です。語学教室を探すにはこちらのサイトがオススメです。


台湾留学.com


留学となっていますが、短期で学べるコースもあり、在台者の人もこのサイトを使って教室を探しています


台北市内で生活するのであれば、語学教室には不自由しませんが、それ以外の地域では探すのに苦労したりします。


でも上記のサイトなら、住んでいるまたは住む予定の場所さえわかれば、最寄りの語学教室を探すことができます。


あなたが住んでいる近くの教室を探してみてください。


4)食生活

台湾では自炊するより外食の方が安いです。大家族となると別ですが、夫婦二人、あるいは家族4人以下で、お子さんがまだ小さければ、外食のほうが断然安いです。


よって栄養のバランスが偏りがちになり、生活習慣病等にかかりやすくなってしまいます


このことは、台湾全体で問題視されています。そのため最近のコンビニでは、サプリメントなどが増えてきています


台湾の7−11やファミリーマートには、日本にあるサプリメント、例えばDHCなど、が豊富に取り揃えていますので、健康管理を怠らないようにしてください。


5)週末の過ごし方

週末等の休みの日、日本とは違い休日は少ないので、妻とゆっくり過ごしたいと考えるのですが、妻の親御さんと一緒に行動しなければならないことが多いです。


これは家族を大切に思う中華圏文化のいいところでもあるのですが、時々月のほとんどの週末を一緒に行動することもあり、何もそこまでも、と思うこともあります。


これは台湾の風習で、子は親に従う、という考えが残っていて、親から何らかの頼みごと等があったら、それをするのが当然という考えです。


日本人から見たらちょっと・・・と思うことさえありますが、これだけはこの風習に慣れるしかありません。これがもとで夫婦喧嘩にならないようにしてください。


6)暦を知る

普段の生活は西暦で過ごしているものの、農民暦(旧暦)の習慣も生活の一部になっています。中華圏に限らず、日本以外で生活する場合、その国特有の暦があったりします。


特有の暦も把握しないと、その国にとってとても重要な日を忘れてしまったりして、喧嘩の元になることも。


最初は大変ですが、その国の暦は覚えるように努力することは重要です。


住んでいる国特有の暦を知る方法ですが、一番のオススメはGoogleカレンダーです。


Googleカレンダー


Googleカレンダーにログインして、


カレンダー設定

全般

代替カレンダー


にて『旧暦ー中国語(繁体字)』を選べば、通常の西暦のカレンダーの他に旧暦が表示されます。


また台湾の場合は行政院新聞局が提供しているカレンダーです。こちらもオススメです。


行政院新聞局


このサイトは主に台湾の祝祭日を掲載しています。西暦の祝祭日は毎年ほとんど同じ日ですが、旧暦の祝祭日は毎年変わります。したがってこのようなサイトが必要なのです。


7)堂々と内緒話?

言葉の問題の一つですが、台湾には台湾語という方言があります。地域によっては普段の生活で台湾語を使うところもあれば、中国語のところもあります。


ただ普段中国語を使っている人でも台湾語は話せますので、台湾語で会話をされると何を話しているのか全くわかりません。


聞いているほうにとっては、聞かれたくないから台湾語で話していると思ってしまいますが、本来は台湾語が共通言語なので、あまり変に気を回し過ぎる必要はないのです。


長く住めば台湾語も徐々にわかるようになりますが、発音等は中国語と全く違うので、難しく感じる人も多く台湾語を学ぶことを諦めてしまう人も多いようです。


どんな言語も同じですが、最初は簡単な言葉(会話)が理解できるようになれば、自然とわかるようになってきます。


とはいえ、その簡単な会話も台湾語では難しいという人向けに、台湾語を学ぶ方法をいくつか紹介します。


まずは本からですが、オススメはこちらです。


『はじめての台湾語』


この本は台湾在住の日本人も分かりやすいと評判の本です。


またこちらは台湾でも有名な書店で、台湾語等語学関係の品揃えには定評があります。


南天書局


上記のサイトで"台語"と入力して検索すれば、台湾語に関する書籍がたくさん表示されます。台湾語をもっと極めたいという人にはオススメです。


または、3)でご紹介した語学教室、とくに大学系の語学教室では、無料の台湾語講座などを定期的に行なっているところもあります。


台湾語は方言です。ですから中国語をキチンとマスターすれば、台湾語の理解も早まります。台湾語の前に、まずは中国語をマスターすることにフォーカスしてください。


8)スグに病院

意外と驚いたのは、ちょっとした風邪でもスグに病院に行きます。市販の風邪薬でも何とかなりそうな状態でも病院に行きます。


これは比較的、台湾の医療費が安いからというのもありますが、少々病院に頼りすぎというかもっと健康に気を使うほうが先なのではと思うところがあります。


確かに医者に行くとスグによくなるのですが、それは薬が強いためです。日本人には少々強すぎるので、あまり病院のお世話にならないように心がけてください。


また薬局で買う薬も、台湾のものは同じように少し強いのが特徴です。しかし、台湾なら日本の薬も売っていますので、風邪薬などは日本のものを選ぶといいでしょう。


ただ、病気になってしまった場合、病院のお世話にならなければならない時もあります。


中国語ができても、病気で体も心も参っているときですから、できれば日本語で自分の症状を伝えたくなります


そんな時、日本語が通じる病院に行けば、少しは安心できるのではありませんか?


こちらは交流協会(日本大使館に相当する業務をおこなっています)が提供している、日本語が通じる病院の一覧です。


交流協会 病院情報


どうしても台北市内に集中してしまうのですが、この中でこちらの病院はオススメです。台安医院といって、台湾でも日本語が充実した病院です。


台安医院


特にこちらをみるとわかりますが、在台者でなく、旅行中に病気や事故に遭ってしまった時でも安心して日本語で診察を受けられます。


この病院は覚えておくようにしてください。


9)困ったときは?

親日派の台湾には、日本人が数多く住んでいます。その中には台湾人を配偶者とする日本人も数多くいます。


そういう人たちと交流することで、今まで遭遇したことのないトラブルや疑問、悩みなどを、同じ日本人同士、相談しあうことができます。


台湾で流行っているソーシャルネットワークは、facebook twitter です。


この2つのソーシャルネットワークを利用してたくさんの在台日本人を探して交流を深めてください。


また日本人だけでなく、台湾には日本語が達者な台湾人がたくさんいます。そういう人たちは、日本人との交流を好みますので、仲良くなればもっと多くの情報が得られるようになります。


日本ではなく、台湾で生活するのであれば、ソーシャルネットワークを活用して、情報交換されることをオススメします。


ノッツェ