トップへ > 実態!!アジア編 > シンガポール人と日本人の国際結婚事情…

シンガポール人と日本人の国際結婚事情…



アジアの先進国に対する憧れからなのでしょうか、
シンガポールでは男女ともに日本人はモテるようです。


服装や髪形なども洗練されており、
素材はさておきそれなりに見栄えがよく見えるからなのかもしれません。


シンガポール在住の独身女性は、独身男性の数よりも圧倒的に多いせいか、
シンガポール男性×日本人女性というカップルは多数見かけます。
元イギリス植民地だったからなのか、
シンガポールの男性はレディファーストも徹底されており、
デート代も全て男性側が持ってくれます。



非常に純粋で、それでいてマメでアプローチも激しく、
甘い言葉をささやいてくれるのです。
「可愛いよ」「綺麗だよ」と言ったような言葉の連発で
お姫様気分にさせるのがとても上手く、
見ている方が恥ずかしくなるくらいです。
ただ、日本とは文化の違いというか、
言い過ぎでウザいと感じる日本人女性も多いようですが…。


また、シンガポールの男性の中には
「日本人女性=大和撫子」というイメージが強いようで、
それを承知で大和撫子を演じている日本人女性もいるとか。


近頃の日本人女性に大和撫子を求めるのは難しい、
という事をシンガポール男性に理解してもらうのは難しいかもしれません。


逆に、日本人男性×シンガポール女性というカップルの場合、
シンガポール女性からのアプローチが積極的な事が多いようです。
「美味しい日本食連れてって!」と可愛くおねだりされて初デート。
ただし、その後、付き合いだしたら強いのがシンガポール女性。


日本人男性は、レディファーストや
甘い言葉をささやいたりするのは苦手な人が多いので、
それが原因でケンカになってしまう事もしばしばある
ようです。


シンガポール女性は文句もストレートにぶつけてきます。
デートの時、うっかりお金が足りなくなったりして
「ちょっと足りないから、貸してくれない?」
なんて言おうものなら、人前であろうとおかまいなしに
「私を愛していないの?」などと、言い合いになってしまうのです。


シンガポールでは、日本よりも貞操観念が強く、
肉体関係=結婚という考えを持っている人が多い
ようです。
それだけ純粋で誠実な人が多いということなのでしょう。
そのような関係になる時には、日本人同士で付き合う時以上に、
お互いを理解し合う必要があるといえるのではないでしょうか。


ノッツェ