トップへ > 実態!!アジア編 > 中国人との国際結婚の手続きは地域によって違うので注意!!

中国人との国際結婚の手続きは地域によって違うので注意!!



中国人との国際結婚での手続きは、
各地域によって変わってきますので注意して下さい。


中国では、通常ならば中央政府が大体の事を決めていて
その範囲内で地域に合った規定を決めていますので、
突然の変更の可能性もあります。
中国に行く前に、相手の方に必ず確認してもらうようにしてください。



中国での婚姻手続きに必要な日本人側の独身証明書
現地の日本領事館で作成してもらえるうえ、時間も費用も抑えられるので
日本で用意して行くよりも、現地の日本領事館でする方がいいでしょう。
ただし、必ず相手側の戸籍が存在する地域の日本領事館で作成してください。
他の地域でしたら受理されない場合がありますので注意して下さい。


日本での婚姻手続きは、日本人同士がするものと変わりはないですが、
各市町村での確認は必要になります。


招聘手続きは日本人配偶者側の住民票が存在する地域を管轄する
入国管理局で行います



この手続きについて覚えておかないといけない事は、
申請人は中国人配偶者という事です。
なぜなら、日本への在留を望んでいるのは中国人側だからです。
ですが、中国人側が日本に来て直接手続きすることは出来ず、
日本人側が代理で申請するという形になるので招聘手続きといいます



また、特殊ですが日本に留学・仕事などで既に来日している中国人と
日本で先に結婚の手続きをする場合、日本人側の独身証明書は発行されなくなります

ですが、日本にある中国大使館領事部で結婚公証書を発行してもらえるので
中国での結婚の手続きが面倒になってしまうという事はありません、安心して下さい。


ノッツェ