トップへ > 実態!!アジア編 > タイ人との国際結婚は他の国よりはるかに大変?!

タイ人との国際結婚は他の国よりはるかに大変?!



国際結婚をしようと思うと揃える書類や資料がたくさんあり、
手続きをするのがとても大変で、時間もかかります。


しかも相手がタイ人の場合、他の国の方との国際結婚より集める資料がはるかに多く
手続きにも相当な時間を要します

日本という国はタイ人と国際結婚をさせたくないのか?とも思えてしまうほどです。



まず、手続きを進めていくにあたり、日本で結婚手続きをするのか、
タイで結婚手続きを進めるのかでやり方が異なってきます。
充分調べてから手続きを進めていく方がいいでしょう。


日本人配偶者が日本に住んでいるのなら、
日本での手続きをした方がスムーズ
にいくと思います。


以下の書類が、日本で結婚手続きをするにあたって一般的に必要になります。

婚姻届用紙戸籍謄本住民票婚姻用件具備証明書
婚姻用件具備証明書の英訳文婚姻用件具備証明書の和訳文
住民登録票住民登録票の英訳文住民登録票の和訳文出生証明書
出生証明書の英訳文出生証明書の和訳文申述書


場合によっては他に書類が必要になる場合があります。
手続きをする役所で確認してみて下さい。なお確認するときには、
担当する人によって説明が変わってくる場合があるため
説明をして貰った人の名前を聞いておきましょう

以上が日本側で手続きをした場合です。


しかし、日本側で手続きをしただけでは終わりません。
タイ国外務省の認証が必要になりますので
日本人配偶者の方はタイに出向く必要があるでしょう。

郵送で書類を送り、タイ人配偶者が現地で必要な書類を集めて提出する、という
方法をとることももちろんできますが、タイ人の性格的に
書類の不備などが起こる確率が高く

日本人配偶者がタイで一緒に書類を集めることをお勧めします。


ノッツェ