トップへ > 実態!!ヨーロッパ編 > イギリス人との国際結婚…老後が心配?!

イギリス人との国際結婚…老後が心配?!



国際結婚をして、イギリスに在住する人は
保険や老後について心配になった人も多いでしょう。
結婚後、日本の国籍を保持するのでしたら国民年金をかけ続ける事も出来ます
ただし、受給を受けるためには25年間はかけ続けましょう。


このように外国で生活をしていても、日本の国籍を持っているのなら
国民年金は掛けていけます
が、国民年金では大した額ではないので
心配になる人も多いでしょう。これは日本に住んでいても同じ事が言えます。


イギリスでは日本政府との年金協定があり、互いの国の加入期間を融通し合い、
加入の義務を免除してくれるなどの仕組みもある
ようです。
しかし国民年金の支給額だけでは老後の楽しみはないと言えるでしょう。
旅行などしたいのであれば、やはり貯金をしていくべきですね。
民間の保険会社に加入するのも1つの手ではありますが
自分に見合った保険に加入しましょう。



しかし、問題は配偶者が亡くなった時です。
日本国籍を保持するという事はイギリスでは外国人になってしまう訳です。
外国人という事は保険の加入や年金を受ける権利がないのです。
ですから、民間の保険をかける、投資をするよりは
貯金をした方が良いのではないのでしょうか?
これは、人それぞれの考えがあるでしょうが・・・。


外国で住み続ける以上、これは悩みの種となるのは仕方ないのでしょう。
使命だと割り切るしかないのかもしれません。
今後、何か年金の制度や国際結婚をしている外国在住者の援助などが
行われることを祈るばかりです。


ノッツェ