トップへ > 実態!!ヨーロッパ編 > イタリア人との国際結婚の現実 離婚率高し?!

イタリア人との国際結婚の現実 離婚率高し?!



イタリア人と国際結婚する場合の夫婦の姓について、
イタリアでは夫婦別姓が普通になっています。


日本では夫婦は同じ姓を名乗るのが一般的ですので
日本に住む予定で結婚するなら、夫の姓を名乗る方がいいでしょうが
イタリアで生活するのなら、夫婦別姓でもなんの問題もありません。
子供も夫の姓か妻の姓かを選ぶことは出来ます



イタリアでは子供を持ち、一緒に暮らしていても
結婚しないというカップルが多いようです。
なぜなら、離婚率が高いからです。



イタリアのようなカソリック国では離婚が大変で、
日本での離婚のように簡単に離婚が出来ない
からだといいます。
イタリアでは結婚はしていないが子供はいるという人が沢山います。


イタリアで離婚するには双方で弁護士を雇い、子供の親権、養育費、家、財産などを
細かく決めていかなければならないので、時間もお金もかかる
というわけです。
この現実があるので、結婚を選ばない人が多いのです。


イタリアで離婚が出来るようになったのは1970年で、国民投票で決定しました。
離婚、堕胎が出来ないと悩む人が多くなり、それを救うためだったといいます。


日本人がイタリア人パートナーとイタリアで暮らすには
滞在許可の問題で婚姻をしなければなりません

やはりというか、離婚率は高いようです。


日本人同士の結婚であっても、国際結婚であっても
結婚後に何が起きるか分からないというのは同じなので、一概には言えませんが
結婚を決める際には慎重に考えるべきかもしれません。


ノッツェ