トップへ > 実態!!ヨーロッパ編 > アメリカ人との国際結婚 〜理想と現実と違い〜

アメリカ人との国際結婚 〜理想と現実と違い〜



アメリカ人で暮らす日本人はアメリカ人との国際結婚を良く思わない人が多いようです。


その理由は、国際結婚をするアメリカ人は同じアメリカ人との結婚が出来ない、
それなりの理由があるから
だと言います。


現に国際結婚でアメリカに暮らす日本人で幸せそうな人は少ないようです。
そんな人ばかりではなく、幸せに暮らしている人ももちろんいるでしょうが、
現実にそんな国際結婚が多いというのも事実のようです。



国際結婚に憧れる日本人は多いでしょう。しかも、アメリカは人気がある国です。
ですが、結婚したものの破綻してしまったなんて事になれば意味がありません。


国際結婚をする動機は人それぞれですが、経済格差を背景に、
裕福な国の男性が貧しい国の女性と国際結婚をするという例は実際にあります。
日本人とアメリカ人では考えにくいですが、ないとは言えないでしょう。


また、同じ国の人間同士なら相手がどういう人かある程度はすぐに分かりますが
違う国、違う文化では分かりにくい
というのもあるでしょう。
日本人同士でも結婚して一緒に生活するまで見えなかった部分がある位ですので
国際結婚だとさらに見えず、分かった時にはかなり時間が経っていた、という事は
大いにあると思います。


結婚紹介所で結婚相手に出会う事もあるでしょう。外国人と恋愛する事もあるでしょう。
どちらの道のりを経て国際結婚に至ったとしても、重要なポイントとは、
相手の事をどこまで理解出来るか、どこまで受け入れられるか
、だと思います。
結婚までのお付き合いの間にしっかりと、相手を見極める事が必要です。


ノッツェ