国際結婚 - 仲介 & 相談所の比較!!(中国,ロシア,タイ,フィリピン版) > 実態!!中国編

実態!!中国編

中国人との国際結婚 仲介業者を選ぶときの注意!



近年、国際結婚は増えてきています。
その中でも中国人女性を選ぶ日本人男性が多いようです。


しかし、中国人女性を奥さんとして迎えた場合、不安になる人がいるのも事実です。
それは奥さんが母国に里帰りし、それから日本に帰ってこなくなるケースや
日本に来た途端に他の男性の所に行ってしまうというケースが
少なからずあるから
なのです。

「中国人との国際結婚 仲介業者を...」詳細はこちら

中国人との国際結婚の問題 〜文化の違いを乗り越えよう〜



国際結婚で重要な事とは、ある程度は鈍感になる事です。
なぜなら、日本人は何でも遠まわしにしか話しませんが
中国人は思った事ははっきりと口にする
からです。


国が違うのだから文化の違いは当たり前です。
しかし、そのせいで分かり合えない・・・などと
考えてしまっては、うまくいかないのは当然の事ですよね。
そこで、気持ちの切り替えが必要です。

「中国人との国際結婚の問題 〜文...」詳細はこちら

国際結婚の落とし穴!! 〜ハルピン女性からの求婚〜



今の時代ネット環境が整っているので、国際結婚を仲介してくれるサイト
たくさんあります。しかし、国際結婚で注意する事も必要です。


例えば、ある一人の男性がそういったサイトの中で
気に入ったハルピン女性ができて、連絡を取り合う様になりました。
彼女からすぐに、「好きです。」や「結婚して下さい。」等の言葉が出てきました。


日本の女性では考えられない言動ですよね。
しかし、中国の方がすべてこのような方たちばかりではありません。
この男性は不安になり始めました。


国際結婚で一番に注意が必要な事は偽装結婚です。

「国際結婚の落とし穴!! 〜ハルピ...」詳細はこちら

中国人女性との国際結婚の問題 〜偽装結婚〜



中国人女性との結婚で日本の少子化問題は改善されているのでしょうか?
日本人と中国人の国際結婚は年々増え続けており、年間1万2千組にものぼるそうです。
実際、この国際結婚による出産率は非常に高い事が分かっています。


しかし、中国人女性との結婚を望む日本人男性は、
日本人女性との結婚が困難な方が多いというのが現状のようです。
また、中国人女性との国際結婚にも問題がないというわけではないようで、
中国の農村地で育った人は言葉が話せず、習慣も違うため
意思疎通が難しいなどの問題が出てくる
ようです。
都心部では行政で日本語の教室が行われており
言葉が話せない問題はないようですが、国際結婚にありがちな
習慣の違いなどは依然としてあるようです。

「中国人女性との国際結婚の問題 ...」詳細はこちら

中国人女性との国際結婚の人気の秘密



中国人女性は背が高く、スタイルが良い人が多いです。
太っている人はほとんどいません。
性格は人それぞれですが、日本人より純粋な人が多いようです。
日本人は何でも遠まわしに答えますが、中国人は何でもはっきりと物を言います。


また、日本人は配偶者の両親との同居を嫌がる傾向がありますが
中国人は普通に受け入れている
ようです。それだけでなく、配偶者の両親であろうが
家族には変わりないという考えなので、老後の面倒を見るのも当たり前
のようです。
中国人は家族への思いが強く、日本人のそれとは比べ物にならないからでしょう。

「中国人女性との国際結婚の人気の...」詳細はこちら

中国の方との国際結婚の偽装に要注意!!



世界中の国で、日本のビザを欲しがっている人が、たくさんいます。
有名な国を挙げれば、韓国、フィリピン、タイ、中国等のアジア諸国、また、ロシア、南米等、実に色々な国が、日本に憧れを持ち、マルコ・ポーロではないですが、いまだに、黄金の国ジパング、という見方が浸透しています。


しかし、その中でも、中国に限っては、少々残念な呼称になりますが、偽装結婚のメッカと言えます。
なぜ、そう言えるかと言えば、いくつか理由があります。


まず、日本には、多くの中国人が居住しています。
何があっても、彼らは、基本的に、日本そのものが好きなようです。
言葉が違っても、同じアジア人、しかも、黄色人種で、文化も似たようなものがあるので、心の底では、親近感があるのでしょう。


中国と言うと、反日教育を思い浮かべ、有名なところでは、数年前のサッカー・アジア杯における反日応援になり、また、マスコミに発表される中国のアンケートでは、嫌いな国の筆頭に、日本が上がるのが、当り前のようになっています。
そのため、中国人は、日本人が嫌いなのでは、と思ってしまいますが、実際は、ほんの少数のようです。


一般の中国人および日本人にとって、政治や歴史問題に関心はありません。
通常の民間レベルにおいては、お互い同じ極東の人間として、良き隣人であることを心底望んでいる、というのが、実情のようです。


こういう訳で、ある所へたくさんの人が流れれば、それだけ金銭が動き、商売が生まれ、さらに、悪どいことを企む人たちが、その数に比例するというのも、残念ながら、当然のことと言えます。


その最も典型的な問題と言えるのが、中国人との偽装結婚、です。

「中国の方との国際結婚の偽装に要...」詳細はこちら


ノッツェ