トップへ > 失敗できない仲介業者選び > 国際結婚の離婚率は年々増加!!離婚手続きも大変…

国際結婚の離婚率は年々増加!!離婚手続きも大変…



日本でも近年離婚率が増加していますが、
国際結婚をした人の離婚率も増加しています。


国際結婚は結婚するための手続きも大変ですが
離婚の手続きも同じように大変です。



日本で生活しているなら日本の法律が適用され、
夫婦が離婚に同意していれば協議離婚という形で手続きは出来ますが、
海外で生活しているなら、その国の法律に則って決定されます。
国によっては協議離婚を認めていない国もあるので
裁判をしなければならず、弁護士に相談しなければなりません

子供がいるならば、親権や養育費などの今後についても
ひとつひとつ話し合いをしていかないとならないので本当に大変な事です。


海外での生活に必要な在留資格については、離婚が決まったとしても
すぐに在留資格が停止される訳ではないようです。
実際は在留資格の期間が満了した時点で延長できなくなるようで、
特殊な例として、離婚協議中に期間満了した場合なら期間延長はできる
ようです。


このように結婚するときと同様、離婚するときも日本のように簡単にいかない
国際結婚でも、離婚率が増加しているのはなぜなのでしょうか?
推測ですが、今や偽装結婚が多いという現実が
国際結婚の離婚率を上げているのでは
ないでしょうか?
仲介する業者に悪徳業者が増えているのも問題の一因でしょう。


残念ですがこのような業者は、結婚が決まればそれで終わりというように
トラブルが起きてもフォローせず、連絡すらとれなくなる業者もあるといいます。
中には紹介する女性もグルといった、組織的に偽装結婚を行う悪徳業者もあり
仲介業者を選ぶ際には充分注意しなければいけません



莫大なお金を遣って業者を介して結婚相手を探し、
手続きなども業者任せの至れり尽くせりで結婚したものの、
相手が逃げたり他の人のもとへ行ってしまい、業者に相談してもなしのつぶて
結局は仕方なく離婚するしかない、というケースが増えている
ため
近年の国際結婚の増加に比例して離婚率も上がっているのでしょう。


国際結婚は日本人同士の結婚よりも、婚姻することも持続させることもはるかに大変です。
また結婚自体、人生を左右する大きな決断です。
人生の貴重な時間を無駄に使ってしまわないように
決断の際には慎重になることが必要でしょう。


ノッツェ