トップへ > 失敗できない仲介業者選び > 国際結婚の悩み相談〜偽装結婚について〜

国際結婚の悩み相談〜偽装結婚について〜



国際結婚をしようと考えている人も多いでしょうが
不安材料もやはり多いと思います。


国際結婚に関して相談している方もたくさんいます
近年では偽装結婚が大変多く発生していて、相手を信用しようと思っても
どこかで疑ってしまう部分が出てくる人もいるのは事実だと思います。



国際結婚が決して悪い訳ではありません。幸せな家庭を築いている人もたくさんいます。
ですが、国際結婚をした人の中では騙された人もいます
とても悲しいですが、これも事実なのです。


しかし偽装結婚と言ってもその判断は難しいところです。
婚姻生活が始まっていて離婚したからといって、
それは一概に偽装結婚とは言えないのではないでしょうか?


離婚するにも理由はありますよね。
夫婦がうまくいかなかった、日本の文化に馴染めなかった、
このような理由での離婚は偽装結婚にはなりません



たとえ配偶者に理由を言わなくても、
離婚するまでに話し合いができなかった夫婦の問題になってしまいます。
離婚後にビザ目的だった・・・などと言ったところで、どうしようもありません。


明らかに偽装結婚だと判断できる場合とは、
婚姻して日本に来てすぐに家出してしまった
行方不明になった というのが一般的のようです。


実際のところ、国際結婚は不安材料がたくさんあるでしょう。
日本の配偶者という便利なビザが欲しい外国人はたくさんいるのが現実です。


しかし、ビザ目的でも全部が悪いとは言えないのではないでしょうか?
実際に貧しい国は多くあり、母国で働いたところで稼げないのが事実です。
日本でいい人を見つけて結婚し、夫と幸せな家庭を築きながら
働いて親を助けたいと思うのは悪い事とは思いません。


また、まったく好きという感情はないが便利だし、結婚しておこう、
うるさくなったら離婚しよう。と考えている女性もおり、
その思惑にまったく気づかず、チヤホヤされていい気になって
結婚してしまう日本人男性も多いのが現実
です。
ですから、どちらが悪いとは一概に言えないですし、
本人が偽装結婚だ!と言い張っても、他人には分かりません。


国際結婚とは、文化も言葉も習慣も違う相手と結婚し生活を共にするということです。
理解できないこともあるでしょうし、どういったことが偽装結婚と判断されるか、
自分ひとりでは分からないことも多いでしょう。
ですから、少しでも不安があるなら、結婚を決める前に相談するのも必要だと思います。


ノッツェ