トップへ > 実際どうなの?!国際結婚の現状!! > 国際結婚のためのビザ申請は厳しい?!

国際結婚のためのビザ申請は厳しい?!



国際結婚をするとビザが発行されます。配偶者ビザというものです。
これは「日本人の配偶者として日本で住む事を認めます」というビザです。


しかし必ず発行されるという保証はなく、
結婚して日本で一緒に暮らすために配偶者ビザの申請をしても
不許可になってしまう場合もある
ようです。


近年、国際結婚は珍しくなくなってきたのですが
その中で偽装結婚が増え、そのために
入管管理局の審査が厳しくなってきているのが現状です。



正真正銘の国際結婚であっても、手続きの不手際などがあれば
偽装結婚と疑いがかかり不許可になってしまう
のです。
結婚の手続きからビザの申請まで、手抜かりがないように
慎重に、確認しながら手続きを進めていくことが大事です。


国際結婚の手続きは複雑で難しく、時間も手間もかかってしまいます。
分からない事も多く、不安になる事も多いと思いますが
結婚生活を送るにはこれらの事を乗り越えていかなければいけないのです。
手続きに不安があったり、自分ですべて手続きができない人は
弁護士司法書士にお願いしてみるのも一つの手段
です。


いろいろな外国で観光ビザと呼ばれる短期ビザが必要なかったり、
日本での賃金は貧しい国の家族を全員養えるほど高額だったりと
日本人の配偶者であることは有利なことが多く、
その恩恵欲しさに偽装結婚を狙う外国人は本当に多い
ので、
入管管理局もすべての外国人を疑った目で見てしまうのも
仕方がないのかもしれません。
申請のたびにホイホイと簡単に発行出来ないのが現実なのでしょう。


本当に国際結婚がしたい人は苦労しますが、これは試練だと思って
忍耐強く頑張るしかありません。


なお、事前に在留資格認定証明書の交付を受けた外国人は
比較的スムーズにビザが下りるようです。
認定証明書を発行する時点である程度の審査をパスしているため
いきなりビザを申請するよりも審査の時間が大幅に短縮できる
からのようです。


時間があるならば、まずは在留資格認定証明書を取得して
次はビザ、というように段階的に手続きを行ったほうが
結局はスムーズに進み、簡単
なようなのでお勧めです。


ノッツェ