トップへ > 実際どうなの?!国際結婚の現状!! > 国際結婚の手続きで必要なものをチェック!!

国際結婚の手続きで必要なものをチェック!!



国際結婚はその国の永住権や居住査証が取れる最短の近道なので
先進国では偽装結婚が急増しており、それに伴い国際結婚の手続きも
厳しくなってきています



また、国際結婚は同じ国同士の結婚ではないため、
お互いの国での手続きが必要になってきます。
国によって手続きが変わりますので
相手の国での手続きを調べてからとりかかりましょう。



まず最初に、必要書類を揃えないといけません。
その中で、共通する必要書類としては婚姻要件具備証明書というものがあります
これは独身であることを証明するもので、
結婚できる条件を備えているということを証明する公的文書になります。
戸籍制度のない国ではこれに代わる書類が必要になります。
日本では居住地を管轄する地方法務局
戸籍謄本申請書を提出すれば1時間ほどで発行してもらえます



また、性別で違ってくる国際結婚の居住許可があります
これは国際結婚をすると、容易に居住のための許可が出ますが
男性、女性で変わってくる事があります。


国際結婚をし、夫の国に住む日本人女性の場合は問題ありませんが、
妻の国に住む日本人男性の場合は、国によっては居住審査や優先居住として
認めてもらえない事があります
。男性は養う義務が発生しますので
養うための就労等を伴うことが必要になる場合もあるようです。
また、居住許可が出ても他に労働許可などの許可が必要になる国もあります。


そして、結婚するならについても話し合う必要があります。
日本名を残したいのか、相手の姓を名乗るのかという点です。
これは男性よりも女性にとって重要な問題と言えるでしょう。


その他には婚姻方式も考えなければなりません。
民事婚という、日本のように書類を提出する方式で
結婚の事実を公的に届け出る「届け出婚
というものや
役所で儀式をする「儀式婚などがあります。
また、「宗教婚」というのもあります。
これは、教会などで宗教儀式によって結婚の手続きを行う事を言います。


国際結婚では日本と海外、どちらで婚姻の手続きをするのかによって
やり方が多少変わってきます
ので注意して下さい。
わからないことは日本にある各国の大使館や領事館、
外国の場合は現地にある日本大使館や領事館で確認するといいでしょう。


ノッツェ