トップへ > フィリピン人女性と結婚しました特集 > フィリピンとの文化の違いで困ったこと イベント&ファッション編

フィリピンとの文化の違いで困ったこと イベント&ファッション編

フィリピン人はイベント好き、というよりお祭り好きな人種です。
何かある毎に酒宴が開かれます。


「パーティの主役=お金を全部払う」が基本


フィリピンでは、主役が全てのお金を出してゲストを招待するのが普通です。
歓迎会・送別会に関わらず、全てのイベントで「主役が払う」が基本文化です。
ゲストは基本は招待制ですが、自由参加が暗黙で出来上がっている部分もあって、何人集まるかは、集まってみないと解らないのもフィリピン文化です。


「歓迎会」などは文字通り、歓迎を意味しますが、ここに何人が集まるかで自分の人気度が測れる訳です。近所の人で来なかったりすると、「歓迎されてないのかなぁ」と思ったりも致します。
しかし、人数が増えれば増えるだけ金銭的な負担は否めず、微妙なところです。


〜 よく酒場の隅で耳にする話し 〜


「この間、フィリピンの彼女の所へ遊びに行ったら、空港まで親戚一同が集まってて、皆に飯をたかられて参ったよ!」
なんて自慢話とも付かない話を耳にしますが、それは「違います!」貴方は歓迎されたのです。


もし彼女だけが一人で空港に迎えに来ていたら、それは彼女の両親、家族にはあなたは歓迎されていないということなのです。


誕生日会も主役が自腹!


フィリピンでは「誕生会」も大切なイベントの一つです。
先の話しのように「誕生会」も自分が主役ですから、自分が身銭を切らねばなりません。
子供の誕生会なら自宅で行うのが普通ですが、それでも人気のある子は100人もの人を集めますから、親としては大変です^^;


家の中を風船や電飾で飾り、踊れるようにディスコさながらの準備を整えます。
100名のパーティ代を日本円で換算すると2万円位なので、安いと言えば安いのですが、フィリピン家族は子沢山ですから...


では、大人の誕生日はと言うと、全ての仕事を休んで朝から行います(笑)
海・山・川・プールなどでリゾートコテージを貸切り、朝から宴が始まります。
自分の家族は勿論、親戚も誘い、果ては近所の人も誘います。
近所の人に至っては店を経営してる人もいるのに休業させます(笑)


バス・ジプニー・ワゴン等をレンタルして皆を会場まで運びますが、これだけで数万円が消えます。
そして、酒・ジュース・料理・ケーキと喰い切れないだけの量を準備します。
この催し度合いが、今年一年の自分の人気バロメーターになるんです。
まぁ5万円もあると、かなり凄いパーティにはなるんですが...。


私、今年47歳になりました。3度目の誕生日を先日無事終えました。
でも、誕生日が嬉しく無くなったのは気のせいでしょうか...(笑)


フィリピンとの文化の違いで困ったこと(3)ファッション


フィリピンはオシャレに関しては国を挙げて行っていると言っても過言でない程オシャレには気をつかいます。
時にはオシャレが空回りに感じることも!


日本のクールビズと逆行?!


今、日本では夏のクールビズは当り前。
今年からは「スーパークールビズ」と称して、アロハやポロシャツが許された。


ところが、フィリピンは「ジャケットファション」が近年の流行。
やはり暑い国なので「麻のジャケット」が主流ではあるが、中には「こだわりのウール」なんてのもある!


街を歩くとお金持ちの「おばさま」が毛皮のコートを着ていることも!
若者の間では革ジャン、MA-1 等が人気の主流。
街中の洋服店では「フリース素材」が、マネキンに着せられ店頭で「オススメ商品」として展示されている。マネキンも暑そうである。


かく言うウチにも流行が流れ、私のもとへ3年前に日本の冬で見かけたようなジャケットが運ばれてきた!
義父・義母からのプレゼントである!
裏地が総ムートンのB-3、スカジャン、ダッフルコートの3点である。
まさかフィリピンで、B-3 やダッフルコートを見るとは夢にも思わなかった。
スカジャンは後ろに「Japan」と書かれた桜の刺繍である。


しかもこれは私が着ねばならない!冷房があるとはいえ、暑さは否めない。
しかも、メインステージは外なのであるから。


〜 義父と街へ買物に 〜


義父は自慢の皮シャンで、冷房もないジープで私を迎えにきた。
私は義父チョイスのB-3を着て助手席に...。
もうね。言葉にならないくらい暑いのです。


信号待ちで停車すると、脱水症状になる勢いで汗が吹き出ます。
B-3は水難事故にあったかのように、ビタビタになりました。
当然、義父も凄い汗なのですが、流行と言うオシャレの前には関係無いのでしょう...。
最近ではスカジャンで勘弁してもらっています。
日本でそんな格好をしてたら、「こいつ頭が可笑しいのか!」という話しです。


フィリピンの、この可笑しな流行は、いつ終わるのでしょうか...??


家の中が、冷房で寒すぎて、私と子供は先日風邪をひきました。
妻よ!家の中でフリースのパジャマは不要だぞ!


フィリピン人女性との結婚についてもっと知りたい方はコチラをご覧ください。
⇒ 「フィリピン人女性と結婚しました特集」


ノッツェ