トップへ > 経験者が語る!!出会いから結婚までの体験談 > アメリカの結婚ビザ(移民ビザ)発行までの道のり 2

アメリカの結婚ビザ(移民ビザ)発行までの道のり 2

1話から読みたい!という方はコチラ
〜私の国際恋愛結婚体験記 第7話〜
【今回のあらすじ】

次に私の番になりました。

名前、生年月日、年齢、住所、電話番号、国籍、本籍地、家族構成、結婚前の私の仕事、両親の住所、両親の仕事、兄弟姉妹の住所、兄弟姉妹の仕事などの質問がありました。

面接官の質問・受理まで

面接官は私のパスポートを確認しながら
「今までに観光、又はビジネスで渡米した事がありますか?」と言う質問から始まり「今までに逮捕された事はありますか?」「強制送還された事はありますか?」「テロリストの仲間になった事はありますか?」「今までに売春をした事はありますか?」といった質問に及びました。


次に、私達二人に
「どうやって知り合いましたか?」「それはいつですか?」「場所はどこですか?」「プロポーズはどちらから?どのように?」「指輪はどこで買いましたか?」「結婚式はあげましたか?」「どういった挙式でしたか?」などの質問を私達の写真を面接官に説明しながら見て貰いました。


その後「初めて主人が私の家族に会った時の印象は?」と聞かれ、主人が来日した時の私の家族との話を語り、同じく私も「初めて主人の家族に会った時の印象は?」と聞かれ、初めてフロリダに遊びにきた時の事を語りました。


そして「婚姻届はいつ、どこに提出しましたか?」と聞かれ主人が日本で提出した事を話しました。


面接官が私に主人の仕事について尋ねてきました。
私はあまり主人の仕事の事は分からないので返答に困っていると、面接官は主人に「あなた日本語話せるの?」と聞きました。すると「はい、少し話せます」と答え、仕事の質問は主人が返答をしておりました。


最後に健康診断表を確認し終了するはずでしたが、大切な書類が一枚どうしても見当たらず、すぐにそのまま病院に行きもう一度再検査をし、翌日、医師に何の問題も無い事を確認し、移民局に書類を持って行くとすぐに受理されました。

今まで張りつめていた緊張がやっと溶け、肩の荷が下りた瞬間でした。


後から考えると、やはり外国人である私に質問が多かったと思います。

それから一ヶ月後、郵便でグリーンカードが送られてきました。
私達夫婦はとても嬉しく、その日はささやかながらお祝いをしました。


現在の取得状況

アメリカ在住20年と言う知り合いの女性にグリーンカードを取得出来た事を話すと、9・11以降は本当に厳しいようで早くとも二年ぐらいは手続きに必要だと言っておりました。ちなみに私は弁護士さんの協力のお陰で、凡そ七カ月程度で取得出来ました。


私の国際恋愛結婚体験記 目次

第1話 海外での出会い 〜ハワイである女性と友人になることから始まった〜
第2話 海外旅行での出会い〜A子さんとの再会と彼との出逢い〜
第3話 国際恋愛のはじまり〜主にメールか電話のやり取り〜
第4話 プロポーズ=○○○を買うこと〜再度渡米して彼に会いに〜
第5話 アメリカ人との入籍、どうすれば良いの?
第6話 アメリカの結婚ビザ(移民ビザ)発行までの道のり
第7話 アメリカの結婚ビザ(移民ビザ)発行までの道のり 2
第8話 アメリカで自動車免許をとろう!!取得までの道のり
第9話 国際結婚後のパスポートってどうなるの?次はパスポートの取得
第10話 国際結婚で幸せになれるのか不安でしたが、今とても幸せです^^


ノッツェ