トップへ > 国際結婚の手続きって難しい??わかりやすく解説 > 国際結婚 戸籍のHow to?についてわかりやすく!!

国際結婚 戸籍のHow to?についてわかりやすく!!

現在、国際化が進み、国際結婚は昔に比べて特別なものとされなくなっています。


とはいうものの、実際自分が国際結婚をしようとした場合、市役所への届出や相手の国で行わなければならない手続きなどさまざまな国内結婚ではない問題が生じることでしょう。


そこで今回は国際結婚を行う場合の届出、手続きなどを順を追いながら記事にまとめてみました。


まず考えなければならないのは戸籍の問題です。


戸籍というのは日本や台湾などにある独特の制度で生まれてから死ぬまでの記録をたどった個人の公式な歴史書ともいえるでしょう。


この戸籍がないと日本ではパスポートもつくれないんです。


戸籍に書いてあるのは生まれた日、本籍地、両親の名、筆頭者の名、家族の名などで、筆頭者というのは家族を代表する人のことで夫、妻どちらかがつとめます。


国際結婚をしても日本人である以上この戸籍は残りますから、戸籍謄本はとりに行きやすい場所にしておくほうが良いでしょう。


例えば親族や親の住んでいる市だとすぐに取りにいってもらえるので助かります。


外国で結婚届を出す場合は領事館でこの手続きを行います。


外国人の名前の書き方は基本的にはカタカナです。


中国などの漢字圏の方の場合は漢字でも記載はできますが、日本の常用漢字の使用のみですので自国で使う漢字などは使えない場合もあります。


外国のかたはミドルネームがよくありますが、日本の戸籍ではミドルネームは名前とあわせてかかれます。


戸籍の手続きについてここまで話しましたが、次に姓の選択についてふれたいと思います。


役所または海外ですと領事館に結婚届けを出した場合、それだけでは実は姓は変わらないんです。


外国人と結婚したからといってそのまま結婚届を出しても日本人のままです。


姓を合わせる場合は、戸籍謄本と姓の変更届けのための書類を各二部ずつ記入し、役所に届出を行わないといけません。


この提出期間は基本的に半年までとなっています。


万が一半年過ぎた場合は家庭裁判所に申告しなければならないので、結婚して半年までにはなるべく姓をお互いどうするのか話し合っておくことが必要です。


変更した場合の表記に関しては基本的にカタカナ表記になります。


100パーセントではありませんが家庭裁判所でダブルネームが認められる場合も高い確率でありますが、認められない例もいくつかあります。


これは裁判所のルール、というよりは判断者によって違うということが大きいでしょう。


姓の問題は子供のこともありますのできちんと考えて決断したいですね。


ノッツェ