トップへ > 国際結婚の手続きって難しい??わかりやすく解説 > 国際結婚 婚姻届のHow to?についてわかりやすく!!〜日本で結婚する場合〜

国際結婚 婚姻届のHow to?についてわかりやすく!!〜日本で結婚する場合〜



一般的に複雑な手続きが必要といわれるのが、国際結婚の婚姻届け手続きです。


いったいどんな手続きが必要なのでしょうか。
ここでは、日本で国際結婚をする場合について説明していきます。

基本的条件


婚姻に必要な条件は、国ごとに異なってきます。
たとえば、日本人が婚姻するには次の条件が必要です。


・男性満18歳以上、女性満16歳以上。
・配偶者がいないこと。
・再婚女性の場合は、前婚の解消日から6カ月経過していること、等々。


国際結婚の際は、相手側の国の必要条件を調べてみる必要があります。


届け出の方法

国際結婚の際の届出方法には、次の2種類があります。


(1)日本で婚姻届を出したあと、相手国で届出を行うケース

まず、日本の役場に婚姻届けを提出し、その後相手側の国で婚姻届けを出すやり方です。日本での婚姻届け提出に必要な書類は、以下のようなものとなります。


・婚姻届書(市区町村役場にある結婚届けの用紙)
・戸籍謄本(日本人側のもの)
・国籍証明(パスポート、外国人登録証明書、出生証明書など)
・婚姻要件具備証明書
 (外国人側の相手が、独身かつ婚姻年齢に達しているという証明書*)

[*証明書は、出身国在日大使館や領事館で発行される。
 もし、証明書の発行がない場合は、宣誓書や申述書、
 公証人証書などでも代替え可能。
 ただし、日本語の訳文が必要となる。]


【届出の手順】


@届出先の市区町村役場に電話連絡

婚姻届けを提出する市区町村役場の担当者(戸籍係など)に連絡をします。
結婚する相手側の国、必要書類などの確認が必要です。


A相手側国の在日大使館・領事館に問合せ

結婚する相手側の国の在日大使または領事館に、@で必要とされた書類発行の手続きについて確認します。


B市区町村役所に書類提出

上記@とAで確認した必要書類を添付し、該当する市区町村役所に提出します。


C婚姻受理証明書の発給

上記役所にて婚姻届けが受理されたら、婚姻受理証明書の発給を受けます。
この証明書は、相手側国の在日大使館または領事館に提出します。


(2)相手側国で婚姻届を出したあと、日本で届出を行うケース

結婚相手側の国で、まず婚姻届を提出してから日本の役場に届けるやり方です。
このやり方は、国によっては認められない場合もありますので、手続きをする前に相手側国の大使館または領事館に問合せをする必要があります。


ノッツェ